Visual Studio Code で PHP Goto Difinition を使える様にする

F12 で定義へ移動できるらしいのですが、F12 を押しても何も起こりません。
調べてみたところ 拡張機能 PHP Intellisense をインストールしないとダメな様です。
そして インストールされている PHP の バージョンが 7.0 以上である必要がある模様。

早速 PHP を 7.0 にアップデートする方法を調べました(Mac)
下記のパッケージを利用した方法だと Mac にインストールされている PHP を上書きするのではなく別にインストールされるので、新規にインストールした PHP のパスをシステムに登録します。

インストール
curl -s https://php-osx.liip.ch/install.sh | bash -s 7.0
注)インストールに1時間強掛かりました

パスを追加する
~/.profile に下記の記述を追加しました。
export PATH=/usr/local/php5-7/bin:$PATH

設定を有効にします。
#. ~/.profile

Visual Studio Code を起動します。以前は出ていた 「PHP 7 が必要です」のメッセージが表示されなくなりました。

そして

F12 が効く様になりました。これでまた一つ便利になりました。

 

Google Adsense 審査通過しました

申請から一ヶ月、やっと審査結果が届きました。無事に通過です。

 

早速広告の設定を行います。

【Quick Start 広告】編

サイトの header (または body の先頭)に javascript のコードを埋め込みます

広告タイプ(Quick Start 広告)を選択して「コードを取得」してみましたが、審査用に既に貼り付けてあるコードど同じだったのでそのままにしました。

 

続けてテストを行います

モバイル端末でサイトURLの末尾に「#googleads」を付加してアクセスします。

広告が表示されることを確認できました。
無事にテスト終了。特に何もしないでもよかったみたいです。

でもなんともうまい具合にページに広告を埋め込んでくれるものですね(PCサイトのページ)。これってやっぱり WordPress を使っているからなのでしょうか。

自分で適当に作ったサイトだとどんな風に梅困るることになるのか少し興味が湧きました。

pokemon go のプレイヤーの高齢化について勝手に考察してみます

最近の記事で 「pokemon go のユーザが開始当初から6割減、若年層離れで高齢化」というものを目にしました。

開始当初のユーザ数がかなりのものだったでしょうから現在もそれなりに遊んでいる人がいるかと思います。

ユーザ層の高齢化に関して勝手に考察してみます

pokemon go で現在も遊んでいる高齢層は、もともとスマホでゲームをする習慣がなかった人々なのではないでしょうか。若い方々は常に新しいゲームや話題のものが出ればそれへ乗り換えていく。現在のユーザは当初の話題性から「どんなものかやってみようかな」と始め、やっているうちにそれがちょっとした習慣になっている。ゲーム自体には特に”クリアする”などの目標がありません(全種類のポケモンを集めるなどはあるかと思いますが、なかなかそうもならないと思います)ので、特にやめるきっかけもない。そんな中気がつけば「まだやってるの!?」と言われる状態になっていた。という感じなのかなぁ。と勝手に考えました。

Visual Studio Code ファイルリストから直接アップロードしたい

デフォルトの機能はなく拡張機能で実装する様です。

今回は以下の3つを試してみました。
なお、出来ないと判断した機能でも実際はできるかもしれません。間違っていたらすみません。

自分に用途に合っていたのでしばらくは Deploy を利用しながら様子を見たいと思います。

インストールしてみた拡張機能

ftp-sync

設定は簡単でした。

コマンドパレットでコマンド入力することで設定画面が表示されるので必要項目を入力します。
>ftp-sync:Init

  • アップロード:出来ました
  • ダウンロード:出来ませんでした
  • リモートファイルとの比較:出来ませんでした
ftp-syncの設定画面

Simple-FTP/SFTP

こちらも設定は簡単でした。

同じくコマンドパレットでコマンド入力することで設定画面が表示されるので必要項目を入力します。
>ftp-simple:Config

  • アップロード:問題なく可能でした
  • ダウンロード:出来ませんでした
  • リモートファイルとの比較:出来ませんでした
ftp-simple の設定画面

 Deploy

上記の2つと違い設定を開くコマンドがない様です。Visual Studio Code の設定ファイルに設定を記述します。記述する内容は用意されているテンプレートを用いました。

テンプレートを開くコマンド
>Deploy:Open example / template
自分はここから「Targets – SFTP – Using Key File」 を参考にしました。

  • アップロード:出来ました
  • ダウンロード:出来ました
  • リモートファイルとの比較:出来ました
Deploy の設定

エディタ変えようかな NetBeans >>> Visual Studio Code

Visual Studio Code 知りませんでした。

Mac Book Air から Mac Book Pro 2016 に乗り換えてから NetBeans の調子がおかしい。どうしてでしょうか。

何がおかしいのかというと

カーソルに画面表示がついてこない

のです。例えば編集を行なっていてファイルの先頭や末尾に移動した時、Undo や Redo した時、画面が編集中の位置のままカーソルだけ移動してしまうのです。大したことなさそうに思えるかもしれませんがとても困ります。

NetBeans を再起動すると治るのですが少しするとまた同じ症状が出ます。同じ症状の方おられるでしょうか。Mac Book Air で数年間 NetBeans を利用していますがこの様な症状が出たことはなかったと思います。

こんな症状と付き合うこと半年と少し。何かの記事で Visual Studio Code のことを目にしました。何となく良さそうな感じがするのでちょっと試してみます。

Visual Studio Code

さくらインターネットでSSL証明書を設置する

先日Webページ上だけで完結!サイトを無料でSSL(HTTPS)対応にする【証明書発行編】で取得した証明書をさくらインターネットのレンタルサーバへ設置します。

証明書を登録する

  1. さくらインターネットのサーバコントロールパネルにログインします
  2. 「ドメイン設定」ボタンを選択します
  3. ドメイン一覧からSSL対応するドメインのSSL…証明書列の…「登録」リンクを選択します
  4. SSLボックスで証明書と同時に取得した秘密鍵をアップロードします
  5. SSLボックスで取得した証明書を貼り付けます

以上でSSL証明書の登録は完了です。続けてドメイン設定にてSSLを有効にします。

SLLを有効にする

  1. ドメイン一覧のドメイン設定から対象のドメインの行にある「変更」ボタンを選択します
  2. 「SNI SSL を利用する」のラジオボタンを選択します
  3. 送信ボタンを選択します

以上でSSLの利用登録も完了です。

共通SSL と 独自SSL の違いは

共通SSLはレンタルサーバを提供している会社が取得したSSL証明書を共通で利用します。したがってこのさくらインターネットの場合で共通SSLを利用する場合はドメインが、 xxx.xxx.sakura.ne.jp の様になるかと思います

SNI(Server Name Indication) SSL とは

サーバ側がグローバルIPアドレスではなくホスト名(ドメイン名)で異なるSSL証明書を使い分けることができる仕様の様です(1つのサーバで複数のドメインに独自SSL証明書が設置可能になる)

これで無事に独自ドメインが https でアクセスできる様になっているはずです。 “さくらインターネットでSSL証明書を設置する” の続きを読む

Webページ上だけで完結!サイトを無料でSSL(HTTPS)対応にする【証明書発行編】

作成中のサイトで申し込みフォームを作りたいのでSSL(HTTPS)対応をすることにしました。

  • 無料でできるのでしょうか … 出来ます
  • さくらインターネットのレンタルサーバーで利用できますか … 出来ます
  • 手続き(手順)は難しいのでしょうか … 簡単でした
SSL証明書を取得します

Let’s Encrypt という認証局が無料で証明書を発行してくれる様です。なにやら手続きが簡単に行えそうですし安心できそうな団体が運営しているようです。

今回は netowl のサービスである SSLボックス を利用します。

netowl は総合的なインターネットサービスを提供している会社で、レンタルサーバーやドメイン、SSL証明書の取得、ウェブアプリの提供などを行っている様です

完結に記すと下記の手順だけでSSL証明書を発行できます

  1. netowl のアカウントを作成する
  2. netowl にログインする
  3. SSL証明書新規取得手続きを選択して手順に従う

これだけです!なにも難しいことはありませんでした。

Let’s Encrypt とは

ISRG(Internet Security Research Group) という非営利団体が運営している認証局で、全てのネット通信を暗号化しよう!という目標を掲げているらしいです

  1. netowl でアカウントを作成します
  2. netowl へログインします
  3. 左メニューの「SSLBOX管理」-「新規取得」を選択します
  4. 「その他のサーバーで利用する」を選択します
  5. 新規取得フォームにて必要項目を入力します
    1. SSL種類:Let’s Encrypt
    2. コモンネーム:SSLを利用した独自ドメイン
    3. 国:JP
    4. 都道府県
    5. 市区町村
    6. 組織:個人の場合は「Personal」
    7. 部署:個人の場合は「None」
    8. 利用規約に同意する
  6. 「所有者確認手続へ進む」を選択します
  7. 所有者(ドメインの)の確認を行います
    1. Web認証、DNS認証がありますが今回は 「Web認証」を選択します
    2. トークンファイルをダウンロードします
    3. ダウンロードしたファイルを「URL」で示されているURLで参照できる位置に自分のサーバへアップロードします
    4. 「所有者確認開始」を選択します
    5. 開始ボタンの上のメッセージが「所有者確認中です」から「所有者確認実行が完了しました」になったら「証明書を発行する」ボタンを選択します
    6. 無事に証明書が発行されました!
      さくらインターネット側で登録するのはCERT(SSL証明書)です

証明書登録編へ

“Webページ上だけで完結!サイトを無料でSSL(HTTPS)対応にする【証明書発行編】” の続きを読む

ミニベロタイヤ修理 なぜ毎回ちょっと違うタイヤが取り付けられるのか発覚

自転車を新調するかタイヤを修理するか迷っていましたが、結局修理をお願いすることにしました。

新調しようかなと新たなる自転車を調査していると、やっぱりそれなりの物が欲しくなってくるものです。片道11kmあるのでそれなりにスピードが出るものが良いのです。

ロードバイク、ミニベロ。どっちにするの?迷います。

ロードバイクはエレベータに入らないでしょうか。維持費って結局ミニベロと同じくらい掛かるのでしょうか。

色々迷いましたが、今本当に新しい自転車が欲しいかなと考えると、そうでもありません。自転車通勤で節約した電車賃を毎月少しずつ蓄えて将来の新調に備えることにしました。

なぜ毎回ちょっと違うタイヤが取り付けられるのか発覚

タイヤ径20インチに2種類あるのは確かですが、それ以外の要因がありました。

太さだったんです。今回の修理でも同じ太さのタイヤの在庫がなく太めのタイヤへ交換することになりました。

今考えるとこうだったんだと思います

  • もともと付いていたのは今回取り付けてもらったのと同じ太さのタイヤ
  • 数年前にパンクした時修理をお願いしたお店が、いわゆる街の自転車屋さん的なところではなく、サイクリストが集う様なお店でした。ここで前後交換してもらったのですが(パンクしたのは後ろだけでしたが)これらがきっと細いタイヤだったのです。この時チューブのバルブも英式から米式に変わりました。
  • 少し前に後輪がパンクした時に少し違うタイヤへ交換されたのも「太めのタイヤ」だったんです
  • 今回設置されたのも太めのタイヤです

今回の交換で購入時の状態に戻ったんだと思うんです。きっと。

違いと言えばチューブのバルブ。これは米式のままです。バルブに関しては米式の方が空気の漏れが少ない様なのでこのままで良いと思いました。

ミニベロ vs 修理

通勤に自転車を用いています。過去、片道1時間半掛かる通勤をしていた頃もありました。

初代の自転車

縦に畳むことのできた 16インチ の自転車でした。

縦に折りたたむイメージですが。ペンチみたいな感じです。
・開いている状態:乗るポジション
・閉じている状態:畳んだ状態

これは快適でよかったのですがなんせタイヤが小さかったので凸凹に弱かったです。直ぐにスポーク(タイヤの中の針金みたいな部分)が折れてしまうのです。そしてタイヤ径が一般的ではないとのことで修理していただく際にも一本一本スポークを作って(切って?)修理していただいていました。

この時に気がついたのが「歩道って歩いているぶんには気がつかないのですが結構凸凹」ってことです。歩道と車道の境や、歩道同士の継ぎ目など特に高低差があるところはダメージ大です。

そのため維持費がかさみました。自転車通勤をしている理由の一つに電車賃の節約が大きな割合を占めているためこれは痛い。

それで二代目に替えました。

二代目はミニベロ(だいたい20インチの自転車のこと?)

それはいたってシンプルな自転車でした。タイヤも初代に比べると大きくなったのでスピードも初代に比べて早かったです。そして何よりもよかったのがやっぱり凸凹道が平気(初代の教訓から凸凹道は慎重にスピードを落として運転する様になった影響もあるかもしれません)

この自転車は本当に快適でした。デザインも気に入っていました。しかし遠方へ引っ越すのを機に実家へ寄贈しました。自転車って配送日高いんですよね。

三代目 ミニベロ再び

“ミニベロ vs 修理” の続きを読む